美容専門学校の平均授業料、入学金は?

入学金や授業料以外にも費用が必要

男性、女性問わず人気の美容専門学校は一般的には2年制の通学制となります。 気になるのが学費ですが、入学金は学校にもよりますが相場は5万円から10万円ほどで10万円前後のケースが多くなっています。 授業料ですが前期、後期で分けて納入する学校が多く、それぞれ25万円から30万円程度、年間で50万円から60万円が平均的な金額です。 そのほか、美容専門学校の場合は技術を学ぶための設備や道具、研修などが行われるため、これらの費用は授業料とは別途かかることになります。 学校によって異なりますが、設備費や施設維持費、研修費、管理費、その他諸費用といった項目で前期、後期それぞれで15万円から40万円程度、年間で30万円から80万円程度かかるケースもあります。 年間の学費総額は110万円から130万円程度となり、2年次は入学金はないものの100万円から120万円程度がかかることになります。

学費以外の費用も踏まえ資金計画を

美容専門学校に通う場合、学校に納める学費だけで年間100万円からそれ以上の金額がかかることになりますが、実はそれ以外にも費用がかかることが少なくありません。 個人で道具を揃えて練習を積み、スキルアップのためにプラスして道具や備品を購入される学生さんも多いためです。 そのため、進学の検討にあたっては学費とそれ以外の費用や一人暮らしを始める方は生活費なども含めて、事前によく資金計画を立てることが大切です。 学校によっては公的な奨学金や学校独自の奨学金や学費補助制度も設けていますので、よくリサーチを行い、事前に相談してみましょう。 →美容師の派遣先を探す!

Latest Article

Recommend

Recent Article